録画鯖を水冷化(970 Extreme3 R2.0)

予告通りやっとまとまった時間がとれたので、録画鯖を水冷PCにしてみました。

[使用パーツ]
CPU:AMD PhenomII 1055T(水枕:EK-XLC Predator 240 Revision 1.1のCPU部分)
MB:ASRock 970 Extreme3 R2.0 (水枕:Enzotech WMST-81EK-ASUS NB/SB 4 - Acetal
MEM:Crucial BLS2KIT8G3D1609DS1S00
GPU:ZOTAC GeForce 720 バルク
ボード:PT2 2枚
リザーバー:ポンプに付属
ラジエーター:EK-CoolStream XE 240 (Double)
チューブ:EKWB EK-HD PETG Tube 12/16mm 500mm と 10/12mm
フィッティング:EK-HDC Fitting 16mm/12mmG1/4 と BARROW TYKN-K16 V4

[びふぉー]
P1020567.JPG
[あふたー]
P1020568.JPG  P1020570.JPG P1020569.JPG

P1020571.JPG P1020572.JPG
ようやく出来上がったのがこれ↑、予告と使用パーツが違うのにはいろいろ理由があり、

躓き1:ラジエータの干渉(1/25)
当初導入予定のEK-XLC Predator 240がまさかのケース(Lian Li PC-V33)に干渉、ATXケースだったので油断し、意図してたフロント部分に取り付け出来なかった。水枕を除いてせっかく買ったPredator余っちゃったヽ(`Д´)ノ
躓き2:リザーバーの配置場所(1/26)
使う予定だったXSPCのION Reservoirを使うと ラジ→リザーバー→ポンプ→水枕x3→ラジ と配管がごたごたになり、配管経路がぐちゃぐちゃに。結局構成再考+作り直し・・・

転機1:余剰パーツの利用(2/5)
余ってたリザーバ付きDDCポンプで ラジ→リザーバ&ポンプ→水枕x3→ラジ となり配管作業がだいぶ楽に。(CPU→VRM間はソフトチューブ、VRM→NB間はピスコのユニオンエルボを使い作業工程を削減。)
転機2:12mmPETGの使用(2/5)
試しに使ってみた12mmチューブが16mmと比べ曲げやすく加工が楽で、企図してた配管に仕上がった。


など、ケースに弄ばれ計画が大幅に変更を余儀なくされ、仕方なく昨年メインPCをから外した余りパーツを用いてようやく完成しました・・・ 計画に空間配置等の考慮を入れ、きちんと設計しないと水冷ムズカシイと思いましたorz

#Mini-ITXでコンパクト水冷作っている人すげーと思いました。

追記2/11
排水バルブのつけ忘れ発覚&過剰だったラジエーターを変更すべく、若干改修しました。
P1020601.JPG P1020604.JPG
P1020602.JPG P1020611.JPG

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446688112

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック