久しぶりの更新+水冷PC化(PETG使用)

気がつけばブログ開設10年が経過していた…
今年(というより社会人になってから)更新頻度ががた落ちしてるなあと感じながら放置状態でした。理由としては職業上寮生活っていう部分が大きく影響しているのかなと。どうしようもないです。

一方趣味でやってる自作PCはと言うと、まあ学生時代ほどではないにしろぼちぼちやってますです。実家2台+寮1台って言う運用です。とはいえどもFPSバリバリでもなけりゃ年間あたりの性能向上も鈍化してるし、もはや水冷くらいしかネタがないので最近いろいろ試行錯誤してます。(来年AMDには期待している)

・本題
去年ソフトチューブ導入で初トライしてみたものの見た目がごじゃってたのと直線的なハードチューブに魅力を感じたので、今回休暇を利用して導入してみました。ついでにラジエーターを内蔵させるために米尼で取り寄せたケースに交換。
#去年
IMG_0271.JPG

(この間にあったこと)
おそらくハンダクラックでR9 290脂肪→390Xに交換
i7 5820Kを6900Kに交換
ケース+電源新調
寮PCのDDCポンプが逝ったので実家のもD5ポンプに交換した。
プラグインケーブルのコネクタ部分だけ購入して線を短くした。

#今回
P1020194.JPG
P1020197.JPG
P1020199.JPG
感想としては概ね下のとおりです。
・概ねEKWBのOD16mmのPETG、HDCフィッティングを使用
・曲げるときはガイド工具を使わない方がきれいにできた(工具使って作ったのがラジ→リザーバー部分の配管、しわ入っちゃった)
・一部曲げづらいところはピスコのユニオンエルボを使用(CPU部分)、これは便利
・グラボ→CPU間の配管がうまく作れなっかのでソフトチューブにした(妥協)
・水漏れビビリまくりで随所に巻きまくった防水テープが美しくない。
・リザーバーの蓋にプレッシャーバルブをつけた。
・一番下の排水バルブはうまく機能してる。
・液漏れ確認用にUVクーラントとブラックライトLEDをつけた。
・曲げ方等はつべでのやり方を模倣した。

と、ほぼ1日がかりでようやく構築できました。意外と工具とかで予算がかかる大幅に構成をいじれなくなる点があるので、ある程度更新スパンが長いPC向けかなーと思いました。次は寮のPCをやってみようかなっと。

最初作業したときの970GTXを水漏れで死なしてしまった、ノォォォ…


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック